病気の治療

Disease Therapeutics

世界中の癌患者を1%減らすことを目指して

私たちは、革新的な医療技術というものは、穏やかで効果的な方法に近づけるために設計されていると信じています。 痛みを軽減し、早期回復をするために、可能な限り物理的な操作システムによって自己免疫力を促進し、そのほかの治療システムを補完する形で治療効果を高めることを目的としています。
これこそが、現在におけるすべての患者にとって最、最も有益な解決策であると考えています。

「病気は、全てケースバイケースです。必ずしも常に人間が設定した基準に準拠しているわけではなく、固定モデルから進化しているわけでもありません。」

治療において、注意深く適性を判断し、柔軟かつ臨機応変に治療手順を考えていくことが重要なのであると深く信じています。

Markus Bora Doctor of Philosophy
Panel Carratelli:FREE Duoシステム
 

*酸化ストレス(OS)とは、生体がさまざまな有害な刺激を受けたときに、体内で活性酸素・フリーラジカルや活性窒素・フリーラジカルが過剰に生成され、その量が抗酸化剤の消去限界を超えることで、酸化反応のバランスが崩れ、体内に炎症細胞が異常に蓄積し、組織の損傷や慢性疾患の発症を引き起こすことを指します。

新発売

Panel Carratelli:FREE Duoシステム イタリア産

本製品は、25年間にもわたる販売実績と1,000本の臨床ジャーナルに掲載されている、酸化検査機器のNo.1リーディングブランドです。酸化ストレスの評価に特化された製品で、科学的研究や治療効果のためのデータ追跡において、医師や医療機関の研究者を効果的にサポートすることができます。
当社の製品の主な特徴は、「ダブルターゲット検出」という読み取り方法で、2つの分析を同時に実行する機能を備えています。d-ROMやBAPテストと同様に、1つのグループは酸化促進状態を評価するために使用され、もう1つのグループは酸化防止状態を評価するために使用されます。FREE Duoは、正確・迅速・簡単な診断方法を提供するだけでなく、データ管理機能、自動ファイリング機能、レポート印刷機能も備えており、人間、獣医、農産物などの分野で使用することができます。
  • 検査可能な項目:血糖値、トリグリセリド、抗酸化剤、酸化促進剤、尿酸、微生物感染等

検査レポート ダブルターゲット検出
試験試薬 13種類
SANAKIN®
 

SANAKIN® ドイツ産

ドイツ発の医療免疫学技術から作られたSANAKIN®は、ヒトのサイトカイン反応のバランスを調節し、免疫系回復を促進する抗炎症性作用のある血清療法です。慢性的な炎症は、組織にダメージを与えるだけでなく、老化の加速にも影響します。この治療を行うことで、体の組織や器官に対するダメージを軽減することができます。
適応症 脱毛、皮膚疾患、関節炎、膣炎
SANAKIN®
  
 

Hair Papilla Regenerative Therapy (HPR)

HPRは、毛包組織の免疫反応のバランスを調節し、健康な毛包の発達のための環境を整えることができる治療法です。
この治療に関与する主なメカニズムは、炎症性サイトカイン(IL-1αおよびIL-1β)増殖の防止し、自身のIL-1Raの濃度を高める効能を持っています。臨床研究の結果では、3か月間の治療後、効果的に炎症を抑制し、毛根の強化や脱毛の軽減、毛包の再生の効果を得られました。
適応症 出産後の脱毛、閉経期の脱毛、男性型脱毛症、油っぽい毛質、ストレスによる脱毛
APPLIMED-O2
>
 

APPLIMED-O2 ドイツ産

IOT酸素化療法は、ドイツで26年の臨床経験があり、主に血液中の酸素を増やすために使用されてきました。これにより、体の食事による炎症指数が効果的に低下し、免疫バランスが維持され、体の抗酸化作用が強化されます。また、体の免疫システムの防御機構を強化することができます。
適応症 循環器系疾患、神経系疾患、アレルギー性炎症、倦怠感、睡眠障害、肝炎、神経痛、免疫力の低下
マルチレーザーデリバリーシステム(MLDS)

 

マルチレーザーデリバリーシステム(MLDS) ドイツ産

6種類のレーザー光源を備え、光力学の原理をコア治療メカニズムから、腫瘤や癌の切除治療に用いることができます。 この装置の原理は、光増感剤とMLDSを介して特定のレーザー波の照射です。この2つを組み合わせて使用することで、光増感剤がレーザー光によって活性化し、がん細胞を死滅させることができます。
適応症 皮膚炎、痛み、免疫力の低下、糖尿病、代謝循環の低下、脳卒中、神経損傷、長期投薬腎臓病患者。

MLDSに関する紹介ビデオ

臨床的効果:ミトコンドリアを効果的に活性化し、アデノシン三リン酸(ATP)を大量に産生することができ、慢性疾患の治療に大きな相乗効果が生まれます。