細胞再生

Cell Regeneration

幹細胞-多方向の分化能力と自己再生能力

幹細胞は、ヒトの胚、骨髄、臍帯、脂肪、その他の組織に由来し、それ自体と同じ細胞とさまざまな特定の機能を持つ別の細胞に分化できる能力を持っています。組織や臓器の細胞の再生、損傷の修復などの目的で、今日の病気の治療によく用いられています。実際に、多くの成功例を残しています。将来的には、幹細胞がアンチエイジング医療、がん治療、やけど、病気の治療薬として重要な役割を果たすことを期待されています。

幹細胞の特徴

未分化原始細胞における自己複製、増殖など様々な成熟組織に分化する能力。
自己複製(Self-Renewal)

幹細胞は自己増殖する能力があり、再生や組織修復を行うために使用したのと同じ細胞に増殖することができます。

細胞分化能力

幹細胞は、様々な特定の機能を持つ細胞に分化して、その細胞の代替あるいは再生するという特性があります。

皮膚の外傷および老化による損傷に対する表皮および真皮幹細胞の修復力

細胞の品質管理

これは、臨床的な新薬の開発、病気の治療、外傷、医学的な臨床研究になどのために使用されている医療ユニットです。  培養の過程では、動物由来の成分が禁じられているため、初代培養から10代目の幹細胞まで、厳格なDAG培養管理ガイドライン(医薬品製造グレード仕様)を実施し、臨床研究機関が求める細胞品質を確保しています。

GCTPの無菌性およびエンドトキシンなどのテストに合格した医薬品グレードの無血清培地(SFM)を使用

  • 細胞/組織保存液には動物成分の不使用

  • 動物由来のタンパク質を含まないことによる細胞製品の収量と品質の向上

  • 無血清栽培を使用したことによる培養の安定性の向上

臨床治療症例のケーススタディ

台湾と日本の医療チームが共同で行った脂肪由来間葉幹細胞を用いた研究では、やけど後の皮膚の再生医療、膝関節軟骨の再生医療、アルツハイマー病、脳卒中、神経損傷、毛髪再生を含む6つの医学的臨床研究プロジェクトを実施しました。

* 420件以上の臨床事例、研究項目:皮膚再生、膝、発毛、炎症、神経回路修復

幹細胞のOEM製造プロセス

 
STEP 1
約20mLの脂肪を収集
 
製品の配送
 
ソース検出
 
処理
   
 
無菌試験、パイロジェンテスト、機能テスト
 
液体窒素凍結保存
 
STEP 2
幹細胞抽出時間を通知
 
製品の注文
 
配達の手配
STEP 3
培養された幹細胞の臨床試験と治療
 
製品の配送
 

脂肪抽出

第一次母細胞
の抽出

細胞増殖(第2世
代から第10世代)

リポソームによるコーテ
ィング技術

品質検査

長期保管のために
液体窒素に入れます

再生医療の提供(臨床研究・治療)

再生医療の臨床研究・治療を行うためには、再生医療等技術の分類(第1種、第2種、第3種)に対応した再生医療提供計画を作成し、該当する再生医療の認証を取得が必須となります。
また、委員会(第1種、第2種の特定認証の再生医療委員会)による審査を受けた上で、再生医療の提供計画を厚生労働省への提出が義務付けられています。

第一種・第二種・第三種再生医療等技術
 
計画
 
認定
 
審査
第一種・第二種の場合は特定認定再生医療等委員会